睡眠

起きたのに眠くて動けない?朝の眠気を覚ます方法とは

こんにちは、朝活歴3年目の和やんです。

今日は朝起きたのに眠気が襲ってくる時の対処法を紹介していきます。

こんな悩みはありませんか

  • 朝起きたのに眠くて動けない
  • 眠気が覚めずボーっとしてる
  • 眠気が覚めないから朝に苦手意識がある

この記事はこれらの悩みを解決する内容となっています。

朝起きても眠くて動けない・二度寝しちゃうなんて経験ありませんか?

多くの人がこのような経験をしているのではないかと思います。

眠気が覚めず、動けないのは本当にツライです。

僕自身も過去に多く経験してきましたし、それで人に迷惑をかけてしまうこともありました。

目覚まし時計の音で起きれず、起きたとしても動けず、親や兄弟に目を覚ましてもらうというような日々を送っていた時期もあります。

しかし、そんな状態だったのに一転朝活により早起きをして3年目、現在4時半起きを1年続けています。

そんな経験から僕自身も実際にやっている目覚まし術を紹介していきます。

朝の眠気がキツイ原因

朝の眠気に関わってくるのは睡眠の時間と質です。

睡眠時間は足りてる、足りてないは結構意識している人も多いと思います。

そのため睡眠時間はしっかりとっているのに眠気が覚めないと感じている人もいるでしょう。

そういった人は睡眠の質が良くないのかもしれません。

和やん

睡眠の質が良ければ睡眠時間が多少短くてもスッキリ起きられるよ!

その睡眠の質を決める要因は夜ご飯とお風呂の時間・眠る前の過ごし方・カフェインを取る時間帯など様々です。

そんな中でも僕が特に意識しているのは夜ご飯の時間とコーヒーを飲む時間帯です。

眠る直前に食べものを摂取すると消化が活発に行わているので睡眠の質に悪影響を及ぼします。

またコーヒーもカフェインという覚醒作用がある物質が含まれているのでこれも睡眠の質を下げる原因になります。

夜ご飯は遅くても眠る1時間前までに終了させ、コーヒーは午後3時以降は飲まないと決めています。

このように睡眠の質を下げる行為をしないというだけでも、朝の眠気が改善しました。

睡眠時間だけでなく、睡眠の質も意識して生活することをオススメします。

朝の眠気がキツイ原因

  • 睡眠の時間と質が足りていない
  • 睡眠時間は意識しても質を気にしている人が少ない
  • コーヒーや夜ご飯の時間を意識するだけでも変わる

朝の眠気を覚ますには

歯磨き

朝起きてすぐに歯磨きをすることをオススメします。

眠っている間、口の中の細菌は増え続けますが、朝起きてすぐに歯磨きをすることで口の中を清潔にするだけでなく眠気も覚めます。

歯磨きをすることで口の中がスッキリし、目が覚めるのです。

また起きてすぐに歯磨きをすることで余計な菌を体内に入れることが無いので、体調を崩すことが減ったと実感しています。

和やん

歯磨きは眠気を飛ばすだけなく健康にもいいと思うよ!

眠気を覚まして朝から活動的になるには健康でいることが前提になってきます。

眠気を飛ばす方法だけでなく、心身ともに健康であると自信をもって言えない人はまずはそこから見直していきましょう。

少し逸れましたが、歯磨きをすることで口の中がスッキリするため目が覚めます。

起きてすぐに歯磨きをする習慣をつけることをオススメします。

朝の眠気を覚ますには ①

  • 起きてすぐに歯を磨く
  • 歯を磨くことでスッキリし目が覚める
  • まずは心身ともに健康でいることが眠気を覚ます前提になってくる

ホットタオル

朝起きて、歯磨きを終えた後にホットタオルで目を温めることをオススメします。

お風呂屋さんでもらえるような薄いタオルの濡らして絞り、レンジで30秒ほどチンすればホットタオルが完成します。

それを目に当てて、目を温めるだけでスッキリ目が覚めます。

よく目を覚ますために顔を洗うといいと聞きますが、僕はホットタオルのほうがオススメです。

和やん

ホットタオルは目の疲れを和らげる効果もあると実感しているよ!

顔を洗って、その瞬間はスッキリした感じがあってもすぐに眠気が襲ってくる経験はありませんか?

顔を洗っている時に水が顔に掛かるのは一瞬ですが、ホットタオルは長く温かさを目に感じさせてくれるため目が覚めると考えています。

実際に1分くらいホットタオルをすることで目がスッキリして、眠気が飛びます。

ホットタオルでどれだけ眠気が飛ぶかは個人差もあると思いますが、一度試してみる価値はあるのでぜひ試してみてください。

朝の眠気を覚ますには ②

  • ホットタオルで目を温める
  • 1分くらい目を温めると目がスッキリして眠気が飛ぶ
  • 顔を洗うよりホットタオルのほうがオススメ

飲み物を飲む

体の中から目を覚ますために飲み物を飲むことがオススメです。

特に温かいお茶や白湯などの温かい飲み物のほうが体に優しいので良いと思います。

飲み物を飲むことで内臓が働き始め、目が覚めます。

朝起きて歯を磨き、ホットタオルで目を温めた後、温かい飲み物を飲むという流れが1つのルーティンになります。

和やん

飲み物を飲んで体の中から目を覚ますのも大切だよ!

よくコップ一杯の水を水分補給として朝起きて直ぐに飲むと良いと言われますが、お腹が弱い方はお腹を下す結果になるので水より白湯のほうがオススメです。

僕もお腹が弱いので、起きてすぐに冷たい飲み物を飲むとお腹を下し辛い思いをする経験を何度もしていきました。

またコーヒーも起きてすぐは内臓に刺激的なので白湯や温かいお茶のほうが良いと思います。

自分の体調に合わせて飲み物を選び、しっかり体の中からも眠気を飛ばしていきましょう。

朝の眠気を覚ますには ③

  • 飲み物で体の中から目を覚ます
  • 冷たい飲み物より温かい飲み物のほうがオススメ
  • 朝起きて直ぐにコーヒーを飲むのはあまりオススメできない

まとめ

朝の眠気がひどい原因は睡眠の時間と質が足りていないからです。

多くの人が睡眠の時間は気にかけていますが、睡眠の質についてはあまり馴染みが無いと思います。

中でもカフェインを取る時間と夜ご飯のタイミングには気を付けたいところです。

また朝起きてからしっかり目を覚ます方法として歯磨き・ホットタオル・飲み物を紹介していきました。

これらは実際に朝のルーティンとして僕も行っていることでこれら全部を終えたころにはしっかり目覚めることができています。

歯を磨くことで口の中がスッキリし、ホットタオルで目を温めることで目が開き、温かい飲み物を飲むことで体の中から起こすということができます。

さらにこれらは手軽にすぐ実践できることばかりです。

今より良い朝を迎えられるように明日から実践していきましょう。

【総括】朝の眠気を覚ます方法とは

  • 睡眠時間と質に気を付ける
  • 歯磨きをして口の中をスッキリさせる
  • ホットタオルで目を温め、目を覚ます
  • 飲み物を飲み、体の中から目を覚ます