その他

1人暮らしで寂しいと感じる瞬間とは?寂しさを乗り越える方法

こんにちは!

今日は1人暮らしの寂しさを乗り越える方法について紹介していきます。

こんな悩みはありませんか

  • 1人の寂しさがツライ
  • 寂しさをどうやって乗り越えればいいかわからない
  • 不意に感じる1人暮らしの寂しさを何とかしたい

この記事はこれらの悩みを解決するような内容となっています。

1人暮らしをしているとすごく寂しさが込み上げてくる時がありますよね?

家に帰っても迎えてくれる人がいない時、テレビをボーっと観ている時など様々な場面で寂しさを感じると思います。

そんな寂しさも徐々には慣れてきますが、それでも寂しさを感じることに変わりはありません。

そこで今回は寂しさを乗り越える方法について話していきます。

1人暮らしで寂しさを感じるとき

1人暮らしで寂しさを感じる瞬間は感情を分かち合えない時です。

例えばおもしろいテレビ番組を観ていても1人なのでそのおもしろさを共にすることができません。

そのため1人の笑い声が部屋に響いているという少しむなしい状態に陥り、寂しさを感じるのです。

話し相手がいないのも感情を共にできないので寂しさを感じると言えるでしょう。

和やん

人に会えなくても通話やLINE等で連絡を取り合うことが大切だね!

このように1人暮らしで寂しさを感じる時というのは自分の感情を共にできない時と言えると思います。

家に帰ってきて迎えてくれる人がいないのもその日の頑張りをわかってもらえない、友達と会える距離でないのも気軽に話をして自分のことをわかってくれる人がいないというところからきています。

次にその1人暮らしが故に感情を共にできず寂しさを感じるのをどう対処してけばいいのかという疑問が湧いてきますよね。

次章から1人暮らしの寂しさを乗り越える方法を紹介していきます。

1人暮らしで寂しさを感じるとき

  • 感情を共にできないから
  • 家に気軽に話せる人がいないから自分のことをわかってもらえない
  • 家で人の温かさを感じる機会がなく、自分でなんとかするしかない時

1人暮らしで寂しさを乗り越えるには

友達と連絡を取る

1人暮らしの寂しさを乗り越えるのに最も良い方法は身近な人と話をすることです。

慣れていない土地で1人暮らしをしている人ほど、気軽に話せる人がいなくて寂しさを感じると思います。

そのため仲の良い友達や親など気軽に話せる人と連絡を取るのがオススメです。

たわいもない話をしているだけでもすごく充実感がありますし、気持ちも楽になるでしょう。

和やん

寂しさを1人で抱え込むのではなく、共感してもらうのといいよ!

人と話すとその人から刺激をもらえたり元気をもらえたりすることもあるので、自分も頑張ろ!と思えるキッカケにもなります。

普段あまり自分から連絡を取らないタイプの人も少しの勇気をもって行動することが大切です。

1人暮らしをして気軽に会えないからこそ自分から連絡を取っていかないと知らぬ間に疎遠になってしまった何てことも起こりかねません。

人としっかりコミュニケーションを取ることで自分の寂しさを和らげることは可能です。

友達や親など気軽に話せる人としっかり連絡を取り合いましょう。

1人暮らしで寂しさを乗り越えるには ①

  • 友達や親と連絡を取る
  • 気軽に話せる人と話すことで寂しさが和らぐ
  • 自分から連絡を取ることも大切

何かに没頭する

1人暮らしの寂しさを力に変えて何かに没頭できると寂しさは軽減されます。

夢中になれるものがあると寂しさを感じる余裕もなくなるということです。

スポーツや趣味、資格の勉強、読書など没頭できるものは何でもいいのですが、オススメは今後の自分に活かせるものです。

例えば、フィギアなど何かを取集する趣味はあまり今後の自分に活きる未来が見えないですよね。

和やん

今後の自分にどう活かすかは自分次第だからしっかり考えてね!

しかし、資格の勉強や自己啓発の読書はキャリアアップに繋がる可能性がありますし、スポーツを楽しむのも新しいコミュニティで良い出会いがあるかもしれません。

このようにどう活かすかは自分次第ですが、何かに没頭できることがあると1人暮らしの寂しさは軽減されるでしょう。

今何も没頭することが無いよ!という人はどんな自分になっていきたいか?を考えてみることで見えてくることがあると思います。

今の1人暮らしの時間を大切にし、自分のやりたいことを叶えて没頭できるといいのではないでしょうか。

1人暮らしで寂しさを乗り越えるには ②

  • 何かに没頭する
  • 今後の自分に活かせる夢中になれるものがあればベスト
  • なりたい自分に合わせて、やりたいことを叶えていくといい

家事スキルを磨く

先ほど何か没頭するものがあれといいよ!と言いましたが、その没頭することが見つからない人は家事スキルを磨くのがオススメです。

自分1人だと家事も自分が良ければいいですが、同棲や結婚など誰かと一緒に住むときに必ず活きるのが家事スキルです。

なにも、人以上に家事ができるようになれ!というわけではなく、しっかり掃除・洗濯ができる、簡単な料理が作れるというレベルには持っていきたいところです。

そのレベルにすでに達している人は、さらにレベルアップさせてもいいでしょう。

和やん

誰かと一緒暮らすときに家事ができないと相手任せになっちゃうよ!

同棲や結婚など誰かと暮らすときに家事ができないと、家事を覚えることから始まるので結構大変だと思います。

しかし家事ができることで家事を分担することができますし、お互いの負担軽減や家事への理解度が家事ができないのとは全く異なります。

1人暮らしは寂しいと感じることが多いですが、1人暮らしという時間も貴重です。

その時間を使って自分の身の回りのことはしっかり自分でできるように家事スキルを磨くといいでしょう。

1人暮らしで寂しさを乗り越えるには ③

  • 没頭することがなければ家事スキルを磨く
  • 家事ができるようになることで家事への理解度が高まる
  • 同棲や結婚など誰かと一緒に住むときに家事スキルが活きる

まとめ

1人暮らしで寂しさを感じるのは感情を共にできる人がいないからです。

家に帰って誰もいないのが寂しい、今日あった出来事を話せる人がいなくて寂しいなど様々なシチュエーションがありますが、その時の感情をわかってくれる人がいないと寂しさを感じやすくなります。

そのため、友人と連絡を取る・何か没頭できることを見つける・家事スキルを上げるというような1人暮らしの寂しさを解消する方法を紹介してきました。

中でも友人や親などの自分のことを気軽に話せる人と話すことが寂しさを和らげるのに最も効果的です。

自分から連絡と取るようにしましょう。

1人暮らしは寂しさを感じることも多いですが、その時間は貴重でもあります。

その時間を使って寂しさを解消するためだけでなく、自己成長のためにも没頭できることや家事スキルを磨くこともオススメです。

【総括】1人暮らしで寂しさを乗り越えるには

  • 寂しさを感じるのは感情を共感してもらえる人がいないから
  • 友人や親など気軽に話せる人と話すことが最も効果的
  • 自分のためになる没頭できることを行うのもすごく良い
  • 家事スキルを磨くのも今後の自分に必ず活きる