メンタル

通勤時間が長すぎる⁉通勤のストレスを軽減するためには

こんにちは!

今回は通勤のストレスを軽減する方法について紹介していきます。

こんな悩みはありませんか

  • 通勤が長くてツライ
  • 満員電車に乗りたくない
  • 通勤がストレスで会社に着いたころにはもう疲労感がある

この記事はこれらの悩みを解決するような内容となっています。

通勤時間にどのくらい時間をかけていますか?

片道1時間を超える通勤はかなり長く感じると思います。

首都圏に近い職場である人ほど通勤が長い傾向があり、電車など公共交通機関を通勤で利用している人が多いです。

この通勤での電車時間を有意義な時間にできればベストですし、満員電車などを避けてストレスを溜めないようにできれば通勤も今より快適になりますよね。

そこで次章は通勤のストレス源について紹介していきます。

通勤のストレスは時間だけじゃない

通勤のストレスは通勤時間の長さもありますが、人の多さも大きく関わってきます。

電車内が満員か座れるくらい空いているかで同じ時間でも全く通勤のストレス変わってきます。

通勤の電車で座ることができれば仮眠を取ったり、読書したりなど自分の時間を過ごすことができますが、満員電車でギュウギュウ詰めにされると身動きも取れずかなりのストレスになるでしょう。

そのため一概に通勤時間が長いからストレスを感じる、会社の近くに住めば解決するということではありません。

和やん

自分にとって何が通勤のストレスか探る必要があるね!

他にも電車やバスの本数が少なくて時間に追われる、車内が綺麗じゃないなども通勤時のストレスの原因になるかもしれません。

これら自分はどの段階を超えるとストレスを感じるかを理解できていれば改善することができると思います。

また帰りに息抜きに買い物できる場所がある、美味しいご飯屋さんがあるなどは大きなリフレッシュポイントです。

マイナスの面ばかり見るのではなくプラスの面もしっかり考慮し、自分が無理なく通勤できる方法を考えていくことが大切です。

次章からは通勤ストレスを軽減する方法を紹介していきます。

通勤のストレスは時間だけじゃない

  • 通勤の長さだけでなく人の多さもストレスの関わる
  • 利便性や環境もストレスの原因になりえる
  • マイナスの面とプラスの面両から考慮する必要がある

通勤のストレスを軽減するには

時間をずらす

満員電車など通勤者が多い時間をずらすことはすごくオススメです。

なぜなら快適に通勤を行えるだけでなく、自分の時間が増えるからです。

通勤時間をずらしたいと思っていも始業時間は決まっているのでずらすなら早めることしかできないですよね。

そうなると今までより朝早く家を出ることになります。

和やん

通勤時間を早くすると自然と早寝早起きの習慣が身につくよ!

早く家を出ることで混雑がないので通勤によるストレスが軽減されます。

そして早く家を出たぶんの時間が生まれます。

その時間を資格の勉強をしてキャリアアップや読書をして人間関係を円滑にするなど自己啓発に使うことができるのです。

早く起きて早く通勤するのは最初は辛いかもしれませんが、それ以上のメリットがあると考えています。

実際に朝の時間を自己啓発に使えるようになってから考え方が変わり、仕事や人間関係が良好になったという経験があります。

通勤も少し工夫するだけでストレスを軽減するだけでなく、自分を成長させてくれる時間になるでしょう。

通勤のストレスを軽減するには ①

  • 通勤の時間を前倒しする
  • 人の混雑のない時間に通勤するとストレスは軽減される
  • 工夫次第で自分の成長させてくれる時間にすることができる
朝活したい人必見!朝からスッキリ目覚めて集中力を高める方法とは?朝スッキリ目覚めて集中力を高めるには何が必要かを紹介しています。朝活は集中できなければ有意義な時間を過ごすことができません。しっかりポイントを掴んで良い朝を過ごしていきましょう。...

通勤時間を活用する

通勤時間を何か自分の時間にすることができると通勤のストレスは軽減できます。

通勤を会社に行く手段として耐えるのでは無く、自分の学びを得られる時間や前向きな気持ちにさせてくれる時間にできるとすごく良いです。

本を広げられるスペースがあるなら読書をする、全く身動きが取れないならイヤホンから音声で学ぶなど時間の活用法は多くあります。

今、人間関係で悩んでいたりしませんか。

そんな人間関係など様々な悩みの解決のヒントをくれるのが本です。

和やん

本は自分の悩みを解決するヒントをくれるよ!

通勤という毎日のルーティンに読書を始めれば、読書をルーティン化することも難しくありません。

このように何か自分の悩みなど自分のためになる知識を得る時間として通勤時間を使えるとすごく時間を有意義に使え、今後の行動や指針を明確にすることができるでしょう。

読書だけでなく、何か勉強するのもすごくオススメです。

僕の場合、電車時間でFP2級の資格を取得した経験があります。

日頃、スマホを触るだけの電車時間を実際に資格合格という結果を得てから、かなり電車時間の使い方が変わりました。

自分の時間として通勤時間を使うという意識を持って、通勤すると良いでしょう。

通勤のストレスを軽減するには ②

  • 自分の時間として活用する
  • 読書や勉強など知識を蓄える時間に向いている
  • 悩みごとを解決するヒントを本は与えてくれる

イライラしない

通勤でストレスを感じる原因として小さなことにイライラしてしまうことが挙げられます。

電車やバスが少し遅れている、乗りたい電車に乗れなかったなどイライラを生む原因はたくさんあります。

しかし、そんな中でも冷静でいられるかがストレスを溜めるか溜めないかを大きく左右するのです。

そのため普段からあまりイライラするタイプでなければストレスを溜めることも少ないはずです。

和やん

イライラするのは自分の思った通りに物事が動かないからだよ!

電車が遅れるなどイライラしてもどうしようにもできないことは冷静に次の行動を考えることが必要です。

こうやって冷静さを身につけると同じ出来事でもストレスを溜めないようになっていきます。

ストレスを溜めて生活するより、ストレスフリーな生活のほうが良いですよね。

イライラしてストレスを溜めないように考え方や冷静さを保って通勤や生活を行っていきましょう。

通勤のストレスを軽減するには ③

  • イライラしない
  • 冷静さを保って物事を考える
  • 同じ出来事が起こってもストレスを溜めるかどうかはその人次第

まとめ

通勤のストレスは通勤時間の長さや人の多さに大きく関わってきます。

通勤時間は長ければ長いほど、人の多さは多いほどにストレスを感じる人は多いでしょう。

満員電車で通勤しているとストレスを大きく感じるのは人が多すぎるからです。

そのため、時間をずらして通勤する・通勤時間を自分の時間として活用する・イライラしないようにするというようなストレスを軽減する方法を紹介してきました。

通勤時間の長さや人の多さは自分ではコントロールできません。

しかし、その時間の活用法や感情のコントロールは自分で調整することができます。

自分でコントロールできることでストレスを溜めないようにしていきましょう。

【総括】通勤でストレスを軽減するためには

  • 通勤時間だけでなく人の多さもストレス源になる
  • 通勤時間をすらして人の少ない時間に通勤する
  • 勉強や読書など自分の時間として活用する
  • イライラしないように自分をコントロールする