朝活

朝活したい人必見!朝4時半起きの生活を続けると得られること!

こんにちは、朝活歴3年目の和やんです。

朝活するために4時半起きを続けているのですが、この早起きで得られたことを紹介しています。

こんな悩みはありませんか

  • 具体的な早起きのメリットを知りたい
  • 4時半に起きるためにどうしたらいいか知りたい
  • 4時半に起きることでどう変わったか知りたい

この記事はこれらの悩みを解決できるような内容になっています。

朝4時半起きを続けようと思うとすごくハードルが高そうに感じませんか?

なかなかこんな時間に普段から起きている人はいませんので、かなりしんどそうなイメージあるかもしれません。

しかし、実際長く4時半起きを続けていますが、早起きに焦点を当てて生活をしていれば、しんどいことではありません。

むしろ4時半起きをすることでたくさんメリットがあり、早起きを辞められなくなったくらいです。

そこで今日は4時半起きするためにはどうしたらいいか?早起きして得られたことを話していきます。

4時半に起きるためには

4時半起きを継続するためには安定した生活リズムが欠かせません。

何時間寝ればスッキリ起きられるのか?睡眠の質はどのくらい確保できているのか?などをしっかり把握する必要があります。

なのも機械を使って数値化しようという話ではなく、実生活で感覚を養っていくといいと思います。

僕の場合、22時に就寝すれば4時半にスッキリ起きられると生活をしていく中で掴めました。

和やん

自分は何時間寝ればスッキリ起きられるかいろいろ試すといいよ!

何時に寝ればスッキリ起きられるかがわかればそれを実践していくのみです。

また睡眠の質に関してもお酒の飲みすぎに気を付けたり、眠る直前にはお風呂に入らないなど対策をするといいでしょう。

いずれにせよ自分に合った生活リズムを見つけ出す必要があります。

4時半という自分の起きたい時間を起点に何時に寝ればしっかり起きられるかなど生活リズムを安定させるが大切です。

4時半に起きるためには

  • 安定した生活リズム
  • 起きたい時間を起点に何時に寝ればいいか探る
  • 実生活でいろいろ試して、自分に合ったリズムで生活する

4時半に起きで得られたこと

健康

4時半に起きるための生活リズムができると健康的になります。

僕の場合、早起きを始める前は年に3.4回は風邪を引くくらいの体の強さだったのですが、朝4時半起きを始めてから体調を崩すということが無くなりました。

おそらく以前に比べて生活リズムが安定したため睡眠不足やハードワークなどの身体的な負担が軽減されたためではないかと考えます。

睡眠不足を感じると日中のパフォーマンスも上がらないですし、それがストレスになったり仕事が終わらなくなったりしてさらに睡眠不足をになりがちです。

和やん

健康と睡眠は大きく関わっていると実感しているよ!

このような睡眠不足の負のスパイラルにはまると辛い思いをすることになります。

他にも朝4時半に起きるために生活リズムの安定したことで肌ツヤが良くなり、便秘も改善しました。

このように朝の4時半に起きるために生活リズムを安定させたことで健康が手に入りました。

生活リズムを安定させて、体への負担を減らし健康的な毎日を送っていきましょう。

4時半に起きで得られたこと ①

  • 健康
  • 生活リズムを安定させることが健康に繋がると実感した
  • 睡眠不足を感じることが無くなった

朝の自由時間

早起きの最大のメリットは朝の時間に余裕が生まれることです。

朝活をしている人はこの時間使って何かしらやりたいことをやっています。

読書や勉強、運動など朝家を出るまでに自分の時間を過ごせるのは本当に幸せを感じられます。

僕も朝活の時間を使って読書や資格の勉強、ブログなどを行っていますが、この時間があるから仕事も頑張れているのだと思います。

和やん

同じ1日24時間でも時間の使い方次第で生活の満足感は変わるよ!

夜だと1日の疲れが溜まり、やる気が起こらないことも朝の時間だったらできることもあります。

特に読書や勉強は夜にするとすぐに眠気に襲われ集中ができませんが、朝は起きたてなのでそのようなことはありません。

このように朝の時間に余裕が生まれると自分のやりたいことをやる時間に充てることができます。

そのような時間を持てることで、1日の始まりが良くなり仕事でも良いパフォーマンスが発揮できるのです。

上手く朝の時間を使って、快適な朝を過ごしましょう。

4時半に起きで得られたこと ②

  • 自分の自由時間
  • 時間が無いことを言い訳にできなかったことができる
  • 自分の時間を持てることに幸福感を感じ、仕事にも良い影響を与える

心の余裕

4時半起きによって朝の時間に余裕が生まれると心の余裕も生まれます。

忙しく過ごしているとなかなか心穏やかに過ごすこともできないかもしれませんが、早起きをすることで時間が生まれると心の余裕も生み出してくれるのです。

快適に毎日を過ごすためには心にゆとりがあることが重要です。

また穏やかな気持ちやゆとりがある心だと幸せも感じやすくなります。

和やん

心の余裕は毎日を穏やかに過ごすために必須だよ

集中して取り組むオンの時間と穏やかに時が流れるのを感じるオフの時間のメリハリが上手い時間の使い方だと思います。

仕事や家事、子育てに追われる日中はオンの時間です。

オンばかりでは心身ともに疲れ、自分が潰れてしまいます。

朝10分でもゆっくり読書しながらコーヒーでも飲んでオフの時間も上手く作っていきましょう。

それが心の余裕を生んでくれます。

4時半に起きで得られたこと ③

  • 心の余裕
  • 早起きによる朝の時間に余裕ができることで心の余裕も生まれる
  • オンの時間とオフの時間を上手く使い分けることが大切

まとめ

朝4時半に起きるためには安定した生活リズムが欠かせません。

起きる時間を起点にして何時に眠れば朝スッキリ起きられるかを自分なりに探し、実践していくことが必要です。

その朝4時半起きができると健康になる・朝の自由な時間を得る・心に余裕ができるというメリットがあります。

安定した生活リズムにより、睡眠不足が解消され健康的になったり、時間に余裕が生まれるため自由や心の余裕というものも得られるでしょう。

平等に与えられた1日24時間という時間をどう使っていくかで生活の満足度が変わってきます。

朝4時半起きをして、より有意義な時間の使い方をしていきましょう。

【総括】4時半起きをして得られること

  • 4時半に起きるには安定した生活リズムが必須
  • 4時半起きにの生活リズムによって健康が得られる
  • 早起きすることによって時間に余裕が生まれる
  • 時間に余裕が生まれると心にも余裕が生まれ、穏やかに過ごせる