その他

聞き上手になるにはどうしたらいい?男を上げる話の聴き方

こんにちは、和やんです。

聞き上手になる話の聴き方について紹介していきます。

こんな悩みはありませんか?

  • ついつい話し過ぎちゃう
  • 聞き上手になりたいけど、なかなかできない
  • 話を聴くのが億劫になってしまう

これらの悩みを解決するような内容となっています。

話をしっかり聴くのって難しいですよね?

自分ではしっかり聴いているつもりなのに相手はそう思ってくれていないなど、意外と聴くのって難しいです。

しかし人は誰しも話を共感しながら聴いてもらえると満足します。

この共感しながら聴く技術を身につけることで人間関係はかなり円滑になります。

聴く技術を身につけると好きな人との関係性も良くなるでしょう。

今日は聞き上手になるための傾聴のポイントを紹介していきます。

男が話を聴けないわけ

そもそも、なぜ男は話が聴けないのでしょうか?

それは話の結論を求めてしまうからです。

仕事では話の方向性を決めて、結論を導き出すことが大切ですが、プライベートでは異なります。

プライベートではたわいもない話で盛り上がったり、自分の思いを話したりと正解がない会話を楽しめる機会です。

そんなプライベートでは結論を求めるより会話を楽しめたほうが良い時間を過ごせると思います。

和やん

聴く力を高めるほうが良い人間関係が築けるよ!

仕事ではロジカルに、プライベートでは共感を大切にすることをオススメします。

感情を読み取り、共感ができれば間違いなく人間関係は良好になります。

その感情を読み取るには話を耳から聞くだけでなく目や雰囲気など全体で聴くことが大切です。

そんな聴く力を養うには話を遮らない・相槌をする・共感することが必要になってきます。

次章からはこれらについて掘り下げて紹介していきます。

男が話を聴けないわけ

  • 結論を求めてしまうから
  • 共感が得意でないから
  • 仕事ではロジカルに、プライベートでは共感が大切

聞き上手になるには

話を遮らない

聞き上手になるには相手の話を遮らないことが必須です。

話を最後まで聴いてあげられるだけでも相手に満足してもらえます。

そんなことできているよ!と思うかもしれませんが、意外と話を最後まで聴くのは難しいです。

途中で質問を挟んでしまったり、アドバイスしたり、話を変えたりとあまり意識なく遮っていることがほとんどです。

和やん

相手が話を聴いてくれたと感じてもらえることが重要だよ!

意識なく話を遮っているから意識して話を聴こうとすることが大切です。

自分が話したくなる気持ちもわかりますが、それはいったん置いて話を最後まで聴くことができれば第一関門を突破することができます。

終わりが見えない話、何が言いたいのかわからない話など聞きたい話ばかりではないかもしれません。

しかしこれができれば人間関係が円滑になること間違いなしです。

しっかり話は最後まで聴くことを心がけましょう。

聞き上手になるには ①

  • 最後まで話を聴く
  • 自分がしたい話はいったん置いといて聴くことに専念する
  • 途中でアドバイスしない

相槌を大切に

相手にちゃんと話を聴いていますよと伝えるためにも相槌が重要です。

話しているのに無反応だとこの人本当に話聴いているのかな?と思われかねません。

しかし、適度に相槌を入れていると相手も気分が良くなりよく話すようになります。

このようによく話せる間柄になれると人間関係が良好になるのです。

和やん

話を聴くことができると相手が良く話してくれて良い関係が築けるよ!

相槌は聞き上手になるためには必須のスキルです。

ついつい自分の話をしちゃうという人ほど相槌を意識してみてはどうでしょうか。

相槌することを心がけることで自分が話すことを抑制できますので、話を聴けるようになっていきます。

良い関係を築きたい人との会話ほどしっかり聴いて、相手を理解しようという気持ちが大事です。

聞き上手になって良い人間関係を築いていきましょう。

聞き上手になるには ②

  • 相槌を入れてちゃんと聴いていることを伝える
  • 相槌を入れることで自分が話すことを抑制できる
  • 相槌は相手を理解しようという気持ちに繋がる

共感する

聞き上手になるためには共感をすることが大切です。

共感と聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、感情を共にすればいいのです。

楽しそうな話をしているなら楽しそうに聴いて、相手と同じ感情を持つと共感できます。

ここで大切なのが感情をしっかり表に出すことです。

和やん

共感していることを相手に伝わらないと意味が無くなるよ!

相手の話を聴いて、感情を読み取って、感情を共にすることが共感です。

相手がどういった思いで話をしているのかを耳だけでなく表情や雰囲気からもしっかり聴いて、感情を理解できると共感しやすくなります。

話を何気に聴くのではなく、相手を観察する力が共感には重要になってきます。

聞き上手になるためには話を耳から聞くだけでなく、感情を読み取れるように聴きましょう。

聞き上手になるには ③

  • 相手の感情に共感できるようにする
  • 共感するには感情を読み取る能力が必要
  • 感情を共にすることが共感で、共感できれば聴く力はアップする

まとめ

話の結論やオチ、解決法を求めてプライベートで会話をしていると聞き上手にはなれません。

これらは仕事ではすごく良いことなのですが、プライベートでは感情に寄り添うことが聞き上手になるためのポイントです。

そんな聞き上手になるためには話を最後まで聴く・相槌をする・共感するということが非常に重要になってきます。

これらのスキルを養っていくことが聞き上手へと導いてくれるでしょう。

聞き上手になれば相手は気持ち良く話をしてくれるので、人間関係が良好になること間違いありません。

話すことも大切ですが、聴くことにもしっかり意識を向けることが大切です。

良い聴き方を手に入れて、良い人間関係を築いていきましょう。

【総括】聞き上手になるには?

  • 仕事はロジカルに、プライベートは感情に寄り添う
  • 話は遮らず、最後まで聴く
  • 相槌を打ち、気持ち良く話してもらう
  • 共感をし、感情を分かち合う