朝活

朝活したい人必見!朝からスッキリ目覚めて集中力を高める方法とは?

こんにちは、朝活歴3年目の和やんです。

今日は朝から集中して朝活に取り組む方法を紹介していきます。

こんな悩みはありませんか?

  • 朝活したいけど眠気に負ける
  • 朝は集中力が維持できない
  • 朝スッキリ起きられない

これらの悩みを解決するような内容となっています。

朝活始めると訪れる最初の壁は眠気で集中できないことです。

せっかく起きて朝活始めようとしたのに眠たくてやる気にならないというのはけっこうあるあるです。

特に勉強や読書など机に向かって行う朝活は特に眠気が天敵になるでしょう。

これが朝活が続かない大きな原因です。

そこで次章から朝スッキリ起きて集中力を高める方法を紹介していきます。

最後まで読んで頂けると今より朝活で集中できるようになります。

朝集中できないわけ

朝集中できない大きな原因は眠気です。

朝活を始めるとこの眠気をいかに飛ばせるかがポイントになってきます。

睡眠不足が続いていたり、睡眠の質が良くなかったりすると朝の眠気はなかなか解消されません。

また不規則な生活をしていると体への負担が大きく、朝集中できない原因になってきます。

和やん

朝活をするなら今まで以上に睡眠を大切にしていくことが必要だよ!

このように睡眠と朝から集中力を高めることは大きく関係してきます。

そのため朝活は朝早く起きることを頑張るだけでなく睡眠全体を1度見直す必要があるのです。

何時に寝れば、朝起きられるか?夜のお酒を辞めれば朝スッキリ起きられるか?など睡眠時間と睡眠の質、生活サイクルをしっかり朝活に合わせることが重要です。

次章から睡眠の改善して朝の眠気を飛ばす方法を紹介していきます。

朝集中できないわけ

  • 眠気が襲ってくる
  • 睡眠がしっかりとれていない
  • 睡眠時間・質を見直す必要がある

 

眠気を飛ばして集中するには

生活サイクルを見直す

どのような生活サイクルで生活していますか?

朝活をしたいと言っても睡眠時間が短かくてそれが体への負担となっていれば朝活を継続することができません。

睡眠時間を7時間必要な人が朝活を始めたがために毎日6時間になると3日で3時間の睡眠不足になります。

このように朝活を始めると同時に睡眠不足を溜め始めるのはよくありません。

和やん

睡眠不足が溜まると朝集中なんてできないよ!

そのため朝活で早起きするぶん、早く寝るというような生活サイクルの見直しが必要です。

何時間寝れば朝からパフォーマンスが落ちないか?眠気に襲われず集中力を高められるか?を自分で知っていく必要があります。

僕の場合、22時に寝れば4時30分から朝活開始できるとわかりました。

そのため22時就寝、4時起きをベースにその日の体調によって寝る時間を早めたりしています。

朝の集中力を高められる生活サイクルがわかれば、必ず朝活は続けられます。

自分にベストな生活サイクルを探して、朝から集中力を高めていきましょう。

眠気を飛ばして集中するには ①

  • 生活サイクルを見直す
  • 睡眠不足が溜まると集中することができない
  • 何時間寝れば朝から集中できるか知る

目覚めを良くする

朝から集中力を高めていくにはスッキリ目覚めて、目覚めを良くすることが重要です。

目覚めを良くするポイントは光を浴びることです。

太陽光や部屋の電気など光を浴びられば十分です。

しかし真っ暗の部屋で起きることはオススメできません。

眠るときは真っ暗なほうが良いのですが、起きるときは部屋が明るいほうが目覚めは良くなります。

和やん

朝の目覚めと同時に光を浴びることいいよ!

寝室は太陽光が入る部屋じゃない、朝電気をつける前に二度寝しちゃうなどという人にオススメなのが光を発する目覚まし時計です。

光を発する目覚まし時計とは通常の目覚まし時計では音が鳴りますが音ではなく光を発してくれます。

光を発してくれることで目覚めが良くなり、朝から集中力を高めてくれます。

スッキリ起きられると朝から集中して朝活をすることができるので光を浴びることはかなりオススメです。

僕自身、光を浴びるようになってから二度寝をすることは無くなりましたし、スッキリ起きられるので朝活の集中力が高まったと実感しています。

眠気を飛ばして集中するには ②

  • 目覚めを良くする
  • 光を浴びてスッキリ起きる
  • 光目覚まし時計を利用するのがオススメ

寝起きの習慣を作る

目をこすりながら起きた後、そこからスッキリ起きるまでの習慣があれば朝から眠気を飛ばすことができます。

毎日スッキリ目覚めることがベストなのですが、それができない時もあります。

そういったときに寝起きの習慣があればスッキリ目覚めることができます。

例えば、起きたらすぐに歯磨きをすることをルーティンにして、歯を磨き終える頃にはスッキリ起きているなど習慣を作って朝活を始めるまでに目覚めることが重要です。

和やん

朝活するまでにしっかり起きていることが重要だよ!

そのオススメの寝起きの習慣としては歯を磨くや顔を洗うようなスッキリ感を味わえるものと飲み物を飲むや食べ物を食べるなど内臓を動かすものです。

経験上この2つを捉えていれば朝スッキリ起きられます。

僕の場合、起きてすぐ歯を磨いて、温かいお茶を飲むのが習慣です。

しっかり朝活までに目覚めて朝の集中力を高めていきましょう。

眠気を飛ばして集中するには ③

  • 寝起きの習慣を作ってしっかり目覚める
  • 朝活開始までに目覚めることが重要
  • スッキリ感と内臓を動かす習慣があると良い

まとめ

朝から集中力を高めるには眠気を飛ばすことが最も重要です。

眠気が集中力を下げる1番の原因になるため眠気をどう対処するかがポイントになってきます。

その眠気を飛ばすには睡眠がカギになります。

早起きをするならその分早寝が必要になってきますし、朝の目覚めを良くする必要もあります。

また朝の目覚めがイマイチでも朝活開始までにしっかり目覚められると朝から集中力を高めていくことができます。

このように朝活開始までにしっかり目覚めることができれば、集中できる環境が作れるのです。

睡眠をしっかり見直して朝から良いパフォーマンスを発揮できると朝活の時間が有意義なものになるでしょう。

【総括】朝から集中力を高めていくには?

  • 眠気を飛ばすことが必要
  • 生活サイクルを朝に合わせる
  • 光を活用して朝に目覚めを改善する
  • 寝起きにスッキリ感を味わえるものと内臓を動かす習慣を作る