睡眠

【絶対寝過ごさない!】必ず起きる電車の寝過ごし防止法とは?

こんにちは、電車で1時間半かけて通学していた和やんです。

今日は電車で絶対に寝過ごさない方法を紹介していきます。

こんな悩みはありませんか?

  • 電車で寝過ごすのをなんとかしたい
  • なぜ寝過ごすのか知りたい
  • 寝過ごすのが心配で眠れない

最後まで読んで頂けるとこれらの悩みが解決できると思います。

電車で寝過ごすのってすごく怖いですよね?

寝過ごすと焦るし、遅刻する可能性があるしと良いことはありません。

僕も寝過ごした経験は何度もあります。

そんな中でみつけた寝過ごさない方法を3つ紹介します。

どれもすぐにできることばかりなのでぜひ試してみたくださいね。

電車で寝過ごす原因

なぜ電車で寝過ごすのでしょうか?

それは疲れが溜まっていて、寝落ちをし、爆睡しちゃうからです。

睡眠時間が足りていないという可能性がありますね。

ほかにもお酒を飲んで眠りについてしまったり、朝帰りで寝てしまったりなんてこともあるでしょう。

これら全て眠たいがために、寝てしまって寝過ごすのです。

和やん

寝落ちして眠ってしまったときの寝過ごし率は高いよ!

眠たいし降りる駅までの〇分は寝よというようなより具体的に起きる時間を想像しながらと無意識に寝落ちするのでは全く寝過ごし率は違うと実感しています。

そのためしっかり起きる時間を設定するのは大切です。

寝ないように意識することも1つの方法かもしれませんが、寝た後どうするかをしっかり考えておくのも寝過ごし防止には必要になってきます。

電車で寝る時はいつ起きるかなど整理してから眠るようにしましょう。

電車で寝過ごす原因

  • 寝落ちをする
  • 起きる時間を具体的に設定せずに寝る
  • 睡眠時間が足りてなくて疲れが取れていない

寝過ごし防止法

アラーム+バイブで起きる

イヤホンをつけて、アラームをセットしている人は多いかもしれません。

それでも起きられないこともありますよね?

音楽を聴きながら眠れますから、アラームが聞こえないこともあるでしょう。

しかしポケットに端末を入れてアラームと同時にバイブが発動すれば、振動で起きることができます。

和やん

周りには迷惑をかけないように注意しようね!

このようにアラームだけで起きられないのなら何かプラスすることが必要です。

そこでオススメなのが上記のように振動で起きることなのです。

音の刺激だけでなくもう一つ刺激が加わることで確実に起きられます。

降りる駅に到着する数分前にはアラームをセットし、寝過ごさないように目覚めるようにしましょう。

またせっかく起きたのに二度寝して寝過ごすのも避けたいですね。

寝過ごし防止法 ①

  • アラームが鳴るのと同時にバイブも活用する
  • 音にプラスした刺激が重要
  • 二度寝をしないように目覚める

眠りやすい態勢を避ける

電車内で爆睡することを避けるのが寝過ごし防止には必要です。

そのため眠りやすい態勢で寝るのは避けましょう。

座席の両サイドなどはもたれかかりやすいためよく眠れます。

しかしそれがとても危険です。

眠りにくい態勢で首や腰を痛めるのは本末転倒なのですが深い眠りにつかないことは重要です。

和やん

深い眠りにつくと起きにくくなるよ!

深い眠りについてもスッキリ起きられるのなら良いのですが、なかなかそういう言うわけにもいかないのです。

眠りが深いと意識も飛び、他の刺激を感じにくくなり、寝過ごします。

しかも気が付けば終点で駅員さんに起こされたなんてことになりかねません。

そのため浅く眠ることが必要であり、深い眠りを避けるのが眠る体勢にあるのです。

座ってしまったら絶対爆睡する自信があるという人は立ちながら眠るようにしましょう。

立ちながら爆睡することはできないのでば寝過ごすことは絶対ありません。

深い眠りに陥らないように電車では眠る体勢を調整していきましょう。

寝過ごし防止法 ②

  • 眠りやすい体勢を避ける
  • 深い眠りは起きられないから爆睡はしないようにする
  • 立ちながらの眠りで寝過ごす心配はない

寝落ちをしない

冒頭でもお伝えしましたが寝落ちをすると寝過ごす確率が高くなると感じています。

経験として寝落ちしたときは結構な確率で寝過ごし、気が付けばかなり先の駅だったということもあります。

そのため寝る前に起きる時間をしっかり確認してから寝るほうが1度起きる時間を意識できるので寝過ごしにくいと実感しています。

和やん

寝落ちが1番危険だよ!

寝落ちをしないためには日々の生活でしっかり睡眠をとることが重要になってきます。

寝落ちするときはどうしようもないくらい眠い時です。

そのため眠くなってから対策するのはなかなか難しいです。

しかし生活リズムを整えてしっかり睡眠をとっていれば寝落ちすることは無くなります。

電車で寝落ちすることがあるのなら、それは体からのSOSだと思って睡眠を見直しましょう。

寝過ごし防止法 ③

  • 寝落ちをしない
  • 起きる時間を意識して眠るのが重要
  • 寝落ちしないために日頃の睡眠が大切

まとめ

電車で寝過ごす原因として爆睡や寝落ちを挙げました。

これらは深い眠りについており、他の刺激に反応しづらいため寝過ごす大きな原因です。

そのため寝落ちしないように日々の睡眠習慣を整える、爆睡しないために電車内で寝る体勢を意識するということが重要です。

また必ず起きる起きる方法としてアラームだけなくバイブの振動を活用することをオススメしました。

これはスマホでセットすればすぐに実践できます。

寝過ごさないためにはアラーム+バイブをセット・眠る体勢を意識・寝落ちは絶対しないということがポイントです。

寝過ごさない対策をして上手く電車時間を活用していきましょう。

【総括】電車で絶対寝過ごさない方法とは

  • スマホでアラーム+バイブをセットして起きる
  • 爆睡しないように眠りやすい体勢で寝ない
  • 寝落ちが寝過ごし率を高める
  • 起きる時間を意識して眠る