メンタル

家から出たくない?仕事が憂鬱な朝を乗り切る方法とは!

こんにちは、朝活歴3年目の和やんです。

今日は仕事が憂鬱な朝を乗り切る方法を紹介します。

こんな悩みはありませんか?

  • 仕事が嫌すぎて朝家から出たくない
  • 通勤の満員電車が憂鬱で朝から気分が乗らない
  • 職場で合わない人がいて顔を見るのも嫌

こんなことを感じながら働いている人って多いです。

でもできればこんな思いはしたくないし、仕事が楽しいと思えるようにしたいですよね?

そこで今日は朝の時間を使って仕事への憂鬱を和らげて乗り切る方法を紹介します。

最後まで読んで頂けると職場の環境は全く変わっていないのに考え方や時間の使い方で職場への満足度がかなり改善されると思います。

でも○○ハラスメントを受けているんだけどどうしよ?という人に向けた内容ではないので、そういった人は退職や上司に相談するなど自分の意志をしっかり示すようにしましょう。

憂鬱の原因を考える

まずは本当の憂鬱の原因を探すことが必要です。

仕事なのか、通勤なのか、はたまた朝の過ごし方なのか根本的に解決するには何が憂鬱で朝がしんどいのか原因を探すことが大切です。

今すぐに解決できるような問題ではなくても少しずつ好転させていきながら、今を充実させることが重要になってきます。

また今より状況を悪くしないようにどうしたらよいかを考えるのも大事なことです。

和やん

解決できる、できないよりも今より悪くしないことが重要だよ!

まずは今より悪くしないにはどうすれば良いか?ということを考えていきましょう。

原因によって様々な対処法があると思うので、原因を探すことは割愛します。

今日紹介する憂鬱な朝を乗り切る方法は原因を根本解決するよりも、朝の時間を快適に過ごし憂鬱さを乗り切ろうというような内容です。

朝を快適に過ごせば、根本的な解決に直接つながらないかもしれませんが、憂鬱さを軽減することができます。

朝の時間を快適に過ごし、少しでも気持ちを前向きにしていけるようにしましょう。

憂鬱の原因を考える

  • 根本解決するなら原因を探すことが大切
  • 今より悪くしないためにも原因を明確にするのが大切
  • 朝の時間を快適に過ごせれば憂鬱さは軽減される

仕事が憂鬱な朝を改善するには

余裕を持つ

朝を忙しく過ごしていませんか?

ギリギリまで寝て時間に余裕がないのもよくわかります。

しかし朝の時間に余裕を持つとかなり憂鬱さは軽減できると思います。

僕自身朝活を始めて、朝の時間に余裕を持つことができたくらいから憂鬱さを感じることが無くなりました。

和やん

時間に余裕があると心にも余裕ができて快適な朝を過ごせるよ

そのため今より30分早く起きて時間に余裕を持つことをオススメします。

仕事が始まると1日も忙しくなり、疲れを溜めて帰宅、そして翌日朝を忙しく過ごして出社となると休む時間がありません。

そうなると心も体も負担が大きいです。

そのような理由から朝30分早く起きていつもよりゆっくりとした時間の流れを感じることができると朝はより快適になり憂鬱さは軽減されます。

30分あるとコーヒーを飲んで一息ついてゆっくりすることもできますね。

朝の時間に余裕をもたせて、ゆったり使っていきましょう。

仕事が憂鬱な朝を改善するには ①

  • 朝の時間に余裕を持つ
  • ゆっくりとした時間の流れを感じる
  • 一息つきたりして快適な朝を過ごす

朝の時間で好きなことをする

自分の趣味や好きなことを朝にできると最高だと思いませんか?

1人でできる趣味なら朝の時間を活用することをオススメします。

でも朝にそんな時間ないよ!という人は早起きをして朝活をしてみてください。

朝活をして時間に余裕が生まれ、好きなことができると確実に朝の憂鬱は軽減されます。

和やん

朝活で自分の自由な時間を生み出し、好きなことができるのは最高だよ!

また会社が憂鬱すぎて辞めたいと思うなら、朝の時間を利用して資格の勉強をし転職に役立てたり、副業をして独立を目指したりする時間にすることもオススメです。

朝早く起きればそれだけ自由時間が生まれます。

その時間をどのように使うかが朝の憂鬱を軽減するポイントになってきます。

自分がこれからどうしていきたいのか?

それに合わせて朝の時間を使うことも有意義な時間の使い方になるでしょう。

仕事が憂鬱な朝を改善するには ②

  • 朝の時間で好きなことをする
  • 資格や副業に時間を使って今後に役立てる
  • 自分の目指す方向性に合わせた時間の使い方をする

朝に嫌な人の良いところを10個考える

もし職場にいる人が苦手で憂鬱など原因が人ならば、その人の良いところを10個考えてみてください。

ハラスメントレベルは例外ですが、人の良いところを見れるようになると憂鬱さが軽減されます。

また朝は頭がスッキリしているので考えたり、集中するのに向いています。

そのため朝の時間を利用することがオススメなのです。

和やん

事実は1つだけど捉え方はたくさんあるよ!

事実は1つでも捉え方はたくさんあり、捉え方次第で見え方も変わってきます。

良いところを10個挙げようというのは、その人を好きになれ!というわけではありません。

顔を見るのも不快に感じるレベルから普通に戻しましょうということです。

不快な気持ちになるのは自分にとっても損ですし、憂鬱に繋がります。

そのためいろんな視点から考えて、マイナスからゼロに戻すことでその人に左右されることがなくなります。

また物事をいろんな視点から見る力を養うことにもなります。

このように上手く朝の時間を使って、憂鬱さを軽減させていきましょう。

仕事が憂鬱な朝を改善するには ③

  • 人が原因ならその人の良いところを10個考える
  • ハラスメントレベルなら、逃げる方法を考える
  • いろんな視点から物事を見ることで見え方が変わる

まとめ

朝の憂鬱さを乗り切るためにその憂鬱の原因を探りましょう。

そしてこの状況を今より改善したいのか、はたまた現状をキープして他の方法で憂鬱さを軽減したいのかを決めて行動していくことが大切です。

また朝の時間を使って憂鬱さを軽減する方法として余裕を持つ・好きなことをする・嫌な人の良いところを考えることをオススメしてきました。

これらは根本的な解決にはつながらないかもしれませんが、より朝を快適に過ごすことで憂鬱さを軽減させることができます。

今できることからしっかり行動をし、朝の時間を上手く使ってより快適に過ごしていきましょう。

【総括】 仕事が憂鬱な朝を乗り切る方法

  • 根本解決するなら原因を明確にすることが大切
  • 朝の時間に余裕があると心が落ち着つく
  • 好きなことをする時間があると、より快適に朝を過ごせる
  • 嫌な人の良いところを探すことで見え方が変わる