睡眠

起きられないが無くなる?目覚めを良くする方法とは!

こんにちは、朝活歴3年目で現在4:30起床を続けている和やんです。

今日は朝起きられないを無くす、目覚めを良くする方法を紹介します。

こんな悩みはありませんか?

  • 全然起き上がれない
  • 二度寝しちゃう
  • 起きても眠気で動けない

この記事はこれらの悩みは解決するための手助けになるような内容となっています。

朝起きられないのは言うまでもなく睡眠が影響しています。

そのため睡眠時間や睡眠の質を上げて解決するのがベストです。

しかし睡眠を改善するには生活習慣を見直して新しい睡眠をルーティンにしていく必要があります。

それでは時間がかかり即効性がないので今回は明日から実践できる目覚めを良くする方法を紹介していきます。

今日紹介する方法を実践すれば、今より良い朝が迎えられることでしょう。

ぜひ最後まで読んで、参考にしてくださいね。

起きられない原因

なぜ朝起きられないのでしょうか?

それは自分が起きたい時間と体が起きたい時間があっていないからです。

自分は朝の5時に起きたいのに二度寝してしまったり、起きてもボーっとして動けなかったりするとその時間に起きる意味がないですよね。

このように自分は起きたいのに体がそれを拒否しているから眠気が続くと考えています。

和やん

僕も朝活を始めた当初は起きても眠気がすごくて全く集中できなかった経験があるよ!

しかしそんな眠気を覚ますような行動を実践すれば、朝の目覚めは劇的に改善します。

目覚めを今より良くするために光を浴びる・歯磨きをする・温かい飲み物飲むという方法を次章から紹介していきます。

これらは実際に僕も行っている方法で、効果も実感しているのでぜひ最後まで読んでください。

起きられない原因

  • 自分の起きたい時間と体が合っていないから
  • 眠気が続くことが二度寝の原因になるから
  • 眠気でボーっとしていると動けないから

目覚めを良くするルーティン

光を浴びる

朝、目覚まし時計の音だけで起きていませんか?

目覚ましの音だけで起きようとしているのが起きられない原因の1つです。

起きるときに部屋が真っ暗だとたとえ大きな音が鳴っても目覚めが良くなる可能性は低くなります。

そこでオススメなのが光を浴びることです。

なぜなら光を浴びることで体が朝を認識し、起きるように導いてくれるからです。

真っ暗な部屋で急に音が鳴って起きるのと光を浴びて起きるように導かれた状態で起きるのとでは目覚めの良さにかなり差が生まれます。

その光を浴びる方法として朝日を浴びる、部屋の電気をつけるなどがあります。

和やん

僕の場合、光を発する目覚まし時計を利用して光を起きているよ!

僕自身も光を浴びる効果は絶大だと実感しており、光を浴びるようになってから朝起き上がるまでの時間がかなり短縮されました。

朝起きてもなかなか起き上がれないという人は光を浴びる効果を実感することができると思います。

起きる際に上手く光を利用して快適な目覚めを得られるようにしていきましょう。

目覚めを良くするには ①

  • 光を浴びる
  • 光を浴びながら起きるのがベスト
  • 真っ暗な部屋で音だけなってもあまり改善しない

歯磨きをする

朝起きてすぐに歯磨きすることはオススメです。

目覚めるために顔を洗うという人もいるのですが個人的には歯磨きのほうが効果を感じています。

歯を磨くことで口の中がスッキリするので目もばっちり起きます。

目覚めが悪くても歯磨きが終わるころにはしっかり目覚めているでしょう。

和やん

寝起きに歯を磨くことは目覚めを良くするだけでなく健康にも良いよ!

また眠っている間に口の中の菌は増殖します。

そのため体調管理の観点からも朝起きてすぐに歯磨きをすることで、口の菌を体内に入れることがなく衛生的です。

僕も寝起きの歯磨きを始めたことで体調を崩すことが減ったと思います。

目覚めを良くすることに加えて、体調を管理するという観点からも寝起きの歯磨きはオススメです。

目覚めを良くするには ②

  • 朝起きてすぐに歯磨きをする
  • 歯磨きをすることでスッキリし、目が覚める
  • 歯磨きは体調管理の観点からも良い

温かい飲み物を飲む

歯磨きが終わった後に白湯やお茶など温かい飲み物を飲むことをオススメします。

体に飲み物をいれることで、体が起きたことを認識してくれます。

腸が動き始め、これで完全に目覚めることができるでしょう。

和やん

温かい飲み物を飲むのは何か作業しながらでもいいよ!

僕の場合は朝にブログを書きながら飲んでいます。

なぜ冷たいのより温かい飲み物をオススメするかというと冷たい飲み物だとお腹を壊す可能性があるからです。

何回も冷たい飲み物でお腹を壊した経験があるので、あまりお腹が強くないという人は朝一で冷たい飲み物は避けたほうが良いと思います。

そのため温かい飲み物をゆっくり飲むことがオススメです。

光を浴びて起きる→歯磨きをする→温かい飲み物を飲むという流れがルーティン化すればよい朝を快適に過ごすことができるでしょう。

朝を快適に過ごして前向きに1日を過ごしていきましょうね。

目覚めを良くするには ③

  • 温かい飲み物を飲む
  • 体に何か入れることで起きたことを認識する
  • 冷たい飲み物はお腹を壊す可能性がある

まとめ

朝しっかり目覚める方法して光を浴びる・歯磨きをする・温かい飲み物を飲むということを紹介してきました。

これらを実践することで朝の目覚めは改善されるでしょう。

しかし、起きられない原因として冒頭に自分が起きたい時間と体が起きたい時間が合っていないとお伝えしました。

根本的な解決を望むなら生活リズムを整えて、自分の意志と体を一致させることが重要になってきます。

これは睡眠時間や睡眠の質といったところも大切になってくるでしょう。

根本解決は即効性はありませんが、今回紹介した方法は明日からでも効果を発揮します。

今日紹介した方法と根本解決への道を両立して実践していけるとベストだと思います。

【総括】 目覚めを良くする方法とは

  • 光を浴びて朝を感じながら起きる
  • 歯磨きをして口をスッキリさせる
  • 温かい飲み物を飲んで内臓を刺激する
  • 生活リズムを整えて睡眠時間や睡眠の質を上げる